県への意見


〇埼玉県地域保健医療計画(第7次)(案)

御意見の内容 県の考え方

「第3節 親と子の保健対策」の「3 課題への対応」及び「4 主な取組」

《小児の高次脳機能障害について》

「小児の高次脳機能障害を正しく理解し、支援できる人材の育成」が課題であり、「人材の育成」に取り組んでいくことを計画に記して下さい。また、「小児の高次脳機能障害の診療・療育体制の充実」についても課題があり、「体制の充実」に取り組んでいくことを計画に記して下さい。

埼玉県地域保健医療計画では、多様な精神疾患等に適切に対応するため、医療機関の連携や専門の医療を提供できる体制の整備を推進することとしています。

「第5節 精神疾患医療」「3 課題への対応(7)」で、高次脳機能障害者の精神状況などに対応するため、地域における医療と介護・福祉の連携体制の整備充実を図る中で、小児の高次脳機能障害についてもご意見を踏まえ取り組んでまいります。

「第5節 精神疾患医療」の「2 現状と課題」、「3課題への対応」

《高次脳機能障害としての診断について》

「2 現状と課題」のところで「身近な地域で高次脳機能障害の診断ができる体制ではない」ことについて記し、「3 課題への対応」のところで、「高次脳機能障害の診断ができる体制を整備していく」ことについて記して下さい。

埼玉県地域保健医療計画では、多様な精神疾患等に適切に対応するため、医療機関の連携や専門の医療を提供できる体制の整備を推進することとしています。

「第5節 精神疾患医療」「3 課題への対応(7)」で、高次脳機能障害者の精神状況などに対応するため、地域における医療と介護・福祉の連携体制の整備充実を図る中でご意見を踏まえ取り組んでまいります。

〇「埼玉県犯罪被害者等支援条例」骨子案

意見
「高次脳機能障害者への支援の充実」について、埼玉県が埼玉県議会に報告する施策の一つとして位置づけていただきたい。(文面の修正を求めるものではございません)