高次脳機能障害者地域相談支援事業

埼玉県は、平成28年度、高次脳機能障害支援事業の一環で、支援コーディネーターを市町村や相談支援事業所等に定期的に派遣し、地域における相談の担い手を養成する事業に着手します。埼玉県の平成28年度予算見積調書には、支援コーディネーターの派遣費用(新規)として318万円が計上されています。この事業の目的は以下の通りです。

 

 【目的】

 高次脳機能障害者地域相談支援(サポート)事業は、埼玉県総合リハビリテーションセンター職員が高次脳機能障害者支援のため、市町村や相談支援事業所等におけるカンファレンス等に参加・助言をすることにより、身近な地域での高次脳機能障害者に対する支援の充実及び支援機関の連携強化を図ることを目的とします。