成年後見制度の利用の促進に関する法律

認知症や高次脳機能障害などで判断力が不十分な人の財産管理などを行う成年後見制度の利用促進を図る議員立法が平成28年4月8日の衆院本会議で可決し成立しました。

 

この法律では、市民後見人の育成・活用や、横領などを防ぐための監督体制の強化がうたわれています。