第4次三郷市総合計画後期基本計画(案)に対するパブコメ結果

平成27年10月26日(月曜日)から平成27年11月24日(火曜日)まで意見募集されていた第4次三郷市総合計画後期基本計画(案)。

 

高次脳機能障害が関係する意見と、その意見に対する三郷市の見解は、以下の通り。

 

◆ご意見

 

6-8 地域包括ケアシステムに構築

 第4次三郷市総合計画後期施策で新たに加わった「6-8 地域包括ケアシステムの構築」「6-2-8 認知症施策の推進」の「認知症」と記されているところを「認知症、若年性認知症、高次脳機能障害」にしていただきたい。

 

◆三郷市の見解

【計画案を修正します】

 ご指摘の通り、文言を修正いたします。

6-8-2 認知症施策の推進

○認知症への理解を深めるための普及啓発の推進

 認知症の方や若年性認知症・高次脳機能障害の方への理解を深めるため、地域包括支援センターが中心となって認知症サポーターの養成と活動の支援、学校教育における認知症の方を含む高齢者への理解の推進など、認知症への理解を深めるための普及・啓発を行います。

○認知症の人と介護者への支援

 認知症初期集中支援チーム等による認知症の早期診断・早期対応に向けた支援体制の構築に努めていきます。

 また、認知症の方や若年性認知症・高次脳機能障害の方やその家族、地域住民等が集い、お互いに交流したり、情報交換をしたりする場として、認知症カフェの設置を促進します。