標準言語性対連合学習検査(S-PA)

平成28年度の診療報酬改定で、標準言語性対連合学習検査(S-PA)が、「認知機能検査:その他の検査のうち操作が複雑なもの(280 点)」の一つとして、新たに位置づけられました。