もしかしたら高次脳機能障害

狭山市役所の障害者福祉課のホームページ。

 

「お知らせ」のところに、平成28年5月20日(金)、以下の情報が載りました。

 

 もしかしたら高次脳機能障害

 

 高次脳機能障害とは、事故(交通事故、転落、転倒等)や病気(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳炎低酸素脳症等)などで脳に損傷を受けた後に、記憶力や注意力の低下などの症状が現れ、日常生活や社会生活に支障がでる障害です。

 高次脳機能障害の症状は、記憶障害・注意障害・遂行機能障害・社会的行動障害なとがあります。

 症状が外見からわかりにくく、また本人に自覚がないことも多いため「見えない障害」と言われることもあります。そのため障害者の周囲のかたにもこの障害に対する理解が必要です。

 

◇詳しくは以下のページをご覧ください。

埼玉県公式ホームページ(高次脳機能障害者支援)

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/koujinou/