労災疾病臨床研究事業費補助金新規採択課題

平成28年6月24日、厚生労働省の労災疾病臨床研究補助金事業関連のホームページで、平成28年度労災疾病臨床研究事業費補助金の新規採択課題が公開されました。

 

高次脳機能障害関係では、熊本大学大学院、橋本衛准教授が研究代表者を務める「多面的アプローチを用いた高次脳機能障害患者の復職支援プログラムの開発に関する研究」と、京都大学、村井俊哉教授が研究代表者を務める「高次脳機能障害者の診断・リハビリ・社会復帰促進パスの策定」が採択されています。