意思疎通の手段の確保(埼玉県共生社会づくり条例)

平成28年4月1日に施行された「埼玉県障害のある人もない人も全ての人が安心して暮らしていける共生社会づくり条例」。

 

第11条で「意思疎通の手段の確保」について触れられています。

 

この部分。

 

条例を紹介するリーフレットには、以下のように記されています。

 

【意思疎通の手段の確保】

 県は、障害者が円滑に情報を取得し及び利用し、その意思を表示し、並びに他人との意思疎通を図ることができるよう、障害者の意思疎通を仲介する者の養成等必要な施策を講じます。

 県は、災害その他非常の事態の場合に、障害者に対しその安全を確保するため、必要な情報が迅速かつ的確に伝えられるよう必要な施策を講じます。