若年性認知症と高次脳機能障害

本日、埼玉県内63市町村の障害福祉担当課宛に、「若年性認知症と高次脳機能障害」という題でファックスを送りました。

 

そのなかで、平成28年7月に出された「国民年金・厚生年金保険 診断書(精神の障害用)の記載要領」の以下の注も記しました。

 

 「症状性を含む器質性精神障害」(認知症、高次脳機能障害など)は、記載欄ごとに掲げた《精神障害》《知的障害》《発達障害》の留意事項のうち類似するものを参考にご記入ください。