若年性認知症と高次脳機能障害(続)

本日、日曜日にも関わらず、埼玉県内63市町村の障害福祉担当課宛に「若年性認知症と高次脳機能障害(続)」という標題を付けたファックスを送りました。

 

ファックス内容は、以下のような情報を羅列したもの。

 

◆いきいき福祉ネットワークセンター(目黒区)

 高次脳機能障害者と若年性認知症者のための総合専門支援施設。

 

◆機能訓練事業(東京都北区)

 おおむね40~64歳で、脳血管疾患や高次脳機能障害、軽度の若年性認知症の方々の機能訓練。

 

◆はるな夢工房(高崎市)

 若年性認知症・高次脳機能障害の方々の受け入れ対応、就労型デイサービス。

 

◆まちなか交友館まどか(つくば市)

 若年性認知症デイケア事業。

 65歳以下の認知症または認知機能に障害のある高次脳機能障害のある方に対し、様々な活動を通して症状の進行を緩和させると共に本人の自信と尊厳を支える。

 

◆多機関の協働による包括的支援体制構築事業(国の資料)

 複合的な課題を抱える者等に対する包括的な支援システムの構築

  【地域の中で複合的な課題を抱える要援護者】の一例

    若年性認知症や高次脳機能障害

 

◆若年性認知症の人の就労・社会参加支援(国の資料)

 就労移行支援、就労継続支援(障害者総合支援法)<障害福祉サービス費>

 ※障害福祉サービス費の中に関係費用が含まれている。