高次脳機能障害関連の事例検討会

健和会訪問看護ステーションのブログ。

 

9月30日に「みさと地域事例検討会開催のお知らせ」という記事が載っていました。

 

みさと健和クリニックで、11月9日、「高次脳機能障害をもつ胸椎損症の利用者の自立への支援」というテーマで事例検討会を開催するそうです。

 

以下に、当該ブログから高次脳機能障害に関わる部分を抜粋して転載します。

 

日時:2016年11月9日(水)18:00~19:30

場所:みさと健和クリニック 2階 第2会議室

 

 

※テーマ※

 「高次脳機能障害をもつ胸椎損症の利用者の自立への支援」

 

※概要※

 30歳代で交通事故により発症した高次機能障害があることにより、 排便のコントロールが困難であったAさんは、排便コントロール自立を達成することで行きたかった旅行にも出かけられるようになり、飛躍的に生活が拡がった。

 そして今、仕事を通して自分と社会との接点を模索するようにもなってきている。

 訪問看護師が担ったAさんへの支援を振り返り、高次機能障害を持つ利用者の自立への支援と今後のAさんへの支援を考える。