国リハ、作業療法士研修

10月27日から29日まで、国立障害者リハビリテーションセンター学院で、高次脳機能障害者のリハビリテーションに従事する作業療法士を対象として、実務に必要な基礎的知識及び技術を習得させ、その資質の向上を図ることにより、適切かつ効果的な業務の運営に寄与することを目的に「平成28年度作業療法士研修会」が開催されました。

 

定員は20名。

 

内容は、以下の通り。

 

・高次脳機能障害者を取り巻く現状・連続したケアを目指して

・画像診断の基礎知識

・高次脳機能障害のリハビリテーション

・高次脳機能障害に対する評価と介入の考え方

・注意障害に対する評価と介入の実際

・記憶障害に対する評価と介入の実際

・遂行機能障害・病識欠如・社会的行動障害に対する評価と介入の実際

・高次脳機能障害者への看護-病棟での関わり方-

・自動車訓練の評価と実際

・社会復帰にむけた支援

・障害福祉サービスにおける生活訓練の取り組み

・障害の自己認識を深めるためのグループ訓練

・事例検討