鶴ヶ島市地域福祉計画(案)に意見を提出

11日、第2次鶴ヶ島市地域福祉計画・鶴ヶ島市社会福祉協議会地域福祉活動計画(素案)について、地域で共に生きるナノとして意見を出しました。

 

計画(素案)で、認知症のことは触れられていますが、若年性認知症や高次脳機能障害に触れられていないので、認知症への施策のところに、若年性認知症・高次脳機能障害を加えて欲しい、といった意見です。

 

地域包括支援体制の構築を目指すことを理念に掲げられた今回の計画(素案)。

 

私どもの意見が、どのように取り扱われるのか、鶴ヶ島市の見解の公開が待たれます。