一般質問(さいたま市)

12月5日午前、さいたま市議会議員、吉田一志氏の一般質問で高次脳機能障害のことが取り上げられておりました。

 

横浜市や京都市の支援体制のことを例に出しながら、さいたま市において高次脳機能障害を専門に支援する専従職員の配置、高次脳機能障害の支援センターの設置が考えられないか、質問が投げかけられておりました。

 

予算措置が関係することなので、答弁では具体的なお答えはなく、職員等の研修に力を注ぐことが強調されていました。