滋賀県の若年認知症地域ケアモデル事業

1月17日、滋賀県のホームページで「若年認知症地域ケアモデル事業(仕事の場)の取り組み」が紹介されました。

 

平成23年10月からスタートした藤本クリニックの一室で就労の場である「仕事の場」の紹介に加え、平成27年度から新たに立ち上がった「仕事の場」、「チームほたる」 (大津市)、「仕事にきゃんせ」 (長浜市)、「おげんきさん」 (高島市)の様子が掲載されています。

 

当該ページの最後では、以下のようなことが記されています。

 

 滋賀県では、こうした「仕事の場」を整備するだけでなく、行政を含め様々な「仕事の場」関係者が一堂に集う「仕事の場ネット」を開催し、若年認知症の方やそのご家族等にとって価値あるものとして継続できるよう、関係者同士が連携して支援できる関係づくりや体制構築などに向け、年間3~4回ほど情報交換会や勉強会等を行っております。