幸手市議会での一般質問(平成29年2月21日)

平成29年第1回幸手市議会定例会での市政に対する一般質問。

 

本日、2月21日(火)、小林啓子議員が、以下のような質問で高次脳機能障害のことを取り上げて下さいました。

 

1 高次脳機能障害について

(1)幸手市においては現在、高次脳機能障害について、どのような支援が行われているのかを伺う。

(2)市民に対してどのような周知がされているのかを伺う。

(3)今後、認知症サポーター講座等に高次脳機能障害も含めていくことが必要と考えるが、幸手市としての考えを伺う。

(4)幸手市高齢者福祉計画第6期介護保険事業計画が平成29年度まで策定されている。次期第7期の事業計画については、高次脳機能障害を含めて策定していくことが必要と考える。幸手市としての考えを伺う。