川口市役所への働きかけ

本日(5月9日)、川口市役所に出向き、川口市議会議員の方と面談。

 

以下のお願い文と高次脳機能障害に関する資料を説明し、川口市役所への働きかけを依頼してきました。

 

平成29年5月9日

川口市議会議員

〇〇〇〇 先生 

埼玉県三郷市戸ヶ崎2193-1

地域で共に生きるナノ 

お願い

 

○私ども地域で共に生きるナノは、平成21年10月から、埼玉県の高次脳機能障害ピア・カウンセリング事業を受託して、埼玉県東部地域を中心としてエリアで、高次脳機能障害地域相談会を開催してまいりました。 

 

○事業を受託した折、一番はじめの高次脳機能障害地域相談会は、川口市役所のご協力のもと、川口保健所の会議室で開催させていただきました。 

 

○その後も何度か、川口市でも、地域相談会を開いてきております。 

 

○今年度、川口市内で2回、地域相談会を開催すると共に、高次脳機能障害と認知症の支援についての研修会を開催することを予定しております。

 

○この機に、川口市において、認知症だけでなく、若年性認知症や高次脳機能障害についても、保健、医療、介護、福祉の連携が進むよう、先生のご助力をいただきたく、お願いをさせていただく次第です。

 

○どうぞ、よろしくお願い致します。