小平市の実態調査結果

5月12日、第五期小平市障害福祉計画策定のための実態調査結果報告書が小平市のホームページで公開されました。

 

この調査は、小平市在住の「身体障害者手帳」「愛の手帳」「精神障害者保健福祉手帳」をお持ちの方および難病等の方、対象者より2,000人を無作為抽出し、郵送にて配付および回収したもの。

 

調査期間は、平成28年11月17日(木)から12月16日(金)まで。

 

回収件数は、身体障害者 622件(回収率52.5%)、知的障害者 158件(回収率52.8%)、精神障害者 147件(回収率42.6%)、難病等の方 91件(回収率52.9%)。

 

「高次脳機能障害がある」と回答した人の割合は、身体障害者で3.4%、知的障害者で1.9%、精神障害者で3.4%。

 

障害別に回収件数と%を掛け合わせると、身体障害者の21人、知的障害者の3人、精神障害者の5人が「高次脳機能障害がある」と回答したことに。