としま出前講座「高次脳機能障害について」

5月26日、豊島区のホームページで「平成29年度版としま出前講座パンフレット」が公開されました。

 

パンフレットのなかで、「高次脳機能障害について」というテーマについては、『交通事故や脳血管疾患など様々な原因で、脳が損傷を受けた結果として言語や記憶などの機能に障害が生じる「高次脳機能障害」という障害があります。認知症との違いや、「高次脳機能障害」についての解説と豊島区の取り組みについてお話します。』と記されています。

 

この出前講座の申し込みができるのは、主に豊島区内で活動している10人以上のグループ。

 

問い合わせは、豊島区の文化商工部学習・スポーツ課まで。