県リハの研修

7月14日、埼玉県総合リハビリテーションセンターのホームページに、同センター主催の平成29年度研修「障害の理解とリハビリテーション 高次脳機能障害編」についての実施要領などが掲載されました。

 

同研修は、市町村、市町村保健センター、障害者関係施設、介護施設、在宅介護支援センター、地域包括支援センター、指定相談支援事業所、訪問看護ステーション、県福祉事務所、県・市保健所の職員、および脳損傷による障害のある方に関わっている関係職員を対象に、9月5日(火)、9月12日(火)の二日間、総合リハビリテーションセンターB棟3階大会議室で実施されます。

 

研修内容は、9月5日が「高次脳機能障害の医学的基礎知識」、「高次脳機能障害への対応(事例を含む)」、「神経心理学的理解と認知リハビリテーション」、「病院でのリハビリテーション」、「高次脳機能障害者の看護」、9月12日が「支援の実際と対応の工夫 ①相談支援」、「支援の実際と対応の工夫 ②障害者支援施設での訓練と支援」、「支援の実際と対応の工夫 ③就労支援」、「支援の実際と対応の工夫 ④健康づくり」。

 

受講料は無料で、8月29日(火)申込締切。