高次脳機能障害者支援における支援者間連携研修(仙台市)

「ウェルポートせんだい」が9月29日の午後開催する高次脳機能障害支援者研修の概要が仙台市のホームページに出ています。

 

この研修は、「高次脳機能障害者支援における支援者間連携研修」。

 

第1部の模擬ケース検討会では、MSW、介護保険施設のOT・PT、障害者福祉センターの所長、障害者職業センターの職業カウンセラー、ウェルポートせんだいの職員(コーディネーター役)の方々が、退院間近の脳血管疾患の方への支援について検討。

 

後半、この事例について、参加者が連携手順についてグループに分かれて検討する、というもの。

 

研修を通して、医療、介護、福祉、職リハの連携を確認する、という取り組み。

 

埼玉県でも、どこかの市町村で同様の研修が実施される日が、いつか来ることを願うのですが・・・

 

(なお、この研修の申込締切は、9月15日。締切日は、既に過ぎています。)