習志野市障がい者基本計画等策定委員会の資料

習志野市のホームページ。

 

8月3日に開催された障がい者基本計画等策定委員会の資料が目に止まりました。

 

資料2-1として「第3期障がい者基本計画の28年度末時点の評価」が掲載されています。

 

このなかで、「達成度がC(ほとんど実施できなかった)またはD(実施できなかった)の事業」の一つに達成度Cの「高次脳機能障がいに対する支援体制の充実」が。

 

達成度Cの理由と、次年度の事業実施予定が、以下のように記されていました。

 

達成度Cの理由 次年度の予定
高次脳機能障がいとなるには、交通事故等のきっかけがあり、そちらでの障害者手帳取得となるため、高次脳機能障がいのみへの支援ということはしていない。総合的な支援の中で関わっている。  個々の障がいの状況に応じて支援することが多く、「高次脳機能障害だから」ということでの相談支援は考えにくい。まずは、職員自身も様々なPR紙や機関紙等を通じて高次脳機能障がいへの理解を深め、対応できるようにする。