東松山市の意思疎通支援事業

本日、東松山市障害者福祉課に電話。

 

意思疎通支援事業担当の方に、東松山市の意思疎通支援事業で、高次脳機能障害の方に、実際に支援をされたことがあるか、どのような形で支援が提供されるのか、うかがいました。

 

第三次市民福祉プランへのパブコメで、「意思疎通支援事業の対象に高次脳機能障害も」という意見に対して、「意思疎通支援事業については、高次脳機能障害のある人も利用対象者に含め、事業を行っております。」という東松山市の考え方が示されていたので、確認した次第。

 

まず、今まで、高次脳機能障害の方に意思疎通支援事業で支援をしたことはないそうです。

 

依頼があった場合、埼玉聴覚障害者情報センターに人の派遣をお願いし、要約筆記で対応して下さるするそうです。

 

なお、ノートテークなどで、意思疎通支援を図ったあと、記録されたものを依頼者に提供することはしていない、とのこと。