障害者基本計画(第4次)の策定に向けた障害者政策委員会意見(案)

本日、10月20日、内閣府のホームページに本日開催された第39回障害者政策委員会の資料が公開されました。

 

そのうち「障害者基本計画(第4次)の策定に向けた障害者政策委員会意見(案)」に、以下のような記述を発見!

 

(3)意思疎通支援の充実

 

○聴覚、言語機能、音声機能、視覚、失語、知的、発達、高次脳機能、重度の身体などの障害や難病のため意思疎通を図ることに支障がある障害者に対して、手話通訳者、要約筆記者、盲ろう者向け通訳・介助員等の派遣、設置等による支援や点訳、代筆、代読、音声訳等による支援を行うとともに、手話通訳者、要約筆記者、盲ろう者向け通訳・介助員、点訳奉仕員、朗読奉仕員等の養成研修等の実施により人材の育成・確保を図り、コミュニケーション支援を充実させる。[2-(3)-1]