しあわせ倍増プラン2017(素案)への意見

本日(11月22日)が意見募集の締切の「さいたま市 しあわせ倍増プラン2017(素案)」に対して、「地域で共に生きるナノ」として、以下の意見を提出しました。

 

================================

計画案77ページ

「3-7 認知症サポーターの拡充と認知症高齢者等の支援」のところ

================================

 

◇意見1

 具体的な記述はお任せしますが、認知症の方だけでなく、介護保険制度の利用が優先される「65歳以上の高次脳機能障害の方や、40歳~64歳までの若年性認知症の方や脳卒中の後遺症で高次脳機能障害となった方」も対象の施策に書き直し、漏れのない支援体制の整備を計画に盛り込んで下さい。

 

================================

計画案55ページ

「4-5 精神障害者を支える地域包括ケアシステムの構築」のところ

================================

 

◇意見2

 「うつ病や認知症等を含め」という記述を「うつ病や高次脳機能障害等を含め」という記述に変更して下さい。

 

◇意見3

 『「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」の構築を進めています。』という記述を『精神障害(発達障害及び高次脳機能障害を含む。)にも対応した地域包括ケアシステムの構築を進める。』という記述に変更して下さい。