第三次草加市障がい者計画(素案)等への意見募集

草加市の第三次草加市障がい者計画・第5期草加市障がい福祉計画・第1期草加市障がい児福祉計画(素案)への意見募集が始まりました。

 

意見募集期間は、12月5日(火)から1月5日(金)まで。

 

第三次草加市障がい者計画(素案)には、高次脳機能障害について、以下のようなことが載っています。

 

(2)難病の人や高次脳機能障がいの人等、特別な支援を必要とする人への相談機能の拡充

 難病の人については、草加保健所が中心となって対応していますが、草加市保健センター等でも、保健師等がその専門性を生かし、相談に応じています。また市立病院等、疾病や症状の特性ごとに対応できる医療機関の情報を収集・整理します。

 高次脳機能障がいの人に対する支援についても、研修会等に参加し、対応を検討します。

 

ちなみに、現行の計画、草加市障がい者計画(平成21年度~平成29年度)では、以下のように記されています。

 

(2)特別な支援を必要とする人への相談機能拡充

 難病患者などについては、保健所が中心となって対応していますが、市保健センターなどでも、保健師などがその専門性を生かし、相談に応じています。また市立病院など、疾病や症状の特性ごとに対応できる医療機関の情報を収集・整理します。

 高次脳機能障がい者に対する支援についても、研修会などに参加し、対応を検討します。