さいたま市での高次脳機能障害地域相談会

本日午後、さいたま市障害者更生相談センター多目的室で高次脳機能障害地域相談会を開催。

 

支援者が7名、さいたま市の住人ではないナノ関係者が4名、当事者・ご家族が22名参加。全部で、33名。

 

当事者・ご家族では、久喜市や越谷市から、それぞれ一組ご参加いただきました。

 

印象ですが、くも膜下出血の後遺症で高次脳機能障害となった方やそのご家族の参加が多いように思います。

 

今日の相談会では、車の運転再開や、就労支援についても話題に。

 

身近な地域で使える社会資源についての情報を増やしていく必要がある、と感じました。