秩父市障がい者福祉計画(案)への意見提出

1月10日が募集締切の「第五期秩父市障がい者福祉計画(案)」への意見募集。

 

本日、この「第五期秩父市障がい者福祉計画(案)」に対する以下の「地域で共に生きるナノ」の意見を秩父市役所に送りました。

 

◆意見1

【計画(案)のどこかで】

  • 高次脳機能障害支援モデル事業やその後の高次脳機能障害(及びその関連障害に対する)支援普及事業の成果を、埼玉県の地域生活支援事業の支援を受けながら、秩父市の地域生活支援事業のなかで活用することが可能です。
  • 今後3年間で、秩父市において、この支援普及事業の成果などを活用して、どう「高次脳機能障害の方の早期発見、早期対応をすることで障害福祉サービスへのパスポートである精神保健福祉手帳を手にするための高次脳機能障害との診断につなげ」、さらに「医療から社会復帰まで連続したケアをしていく体制をどのように整備していく」のか、計画に記してください。

 

◆意見2

 

【計画(案)38ページ】

「(3)多様化する障がいとニーズに対する支援の充実」のところ

  • 「精神障害や知的障害の中に発達障害や高次脳機能障害があることや」とありますが、高次脳機能障害診断基準を前提に考えると、「高次脳機能障害は精神障害の中に含まれる」と記すのが適当ではないでしょうか。

 

◆意見3

 

【計画(案)49ページ】

「基本目標1 早期療育と学校教育の充実をめざして」のところ

【計画(案)73ページ】

「7 障害児支援事業の見込み量と確保の方策」のところ

  • 小児の高次脳機能障害への支援策についても記してください。

 

◆意見4

 

【計画(案)51ページ】

「基本目標2 地域生活の充実をめざして」

「基本施策1 誰もが利用しやすいサービス・相談の充実」

「関係機関との連携と活動支援」のところ

  • 「介護保険サービスとの連携」、「埼玉県の事業との連携」についても記してください。

 

◆意見5

 

【計画(案)52ページ】

「基本目標2 地域生活の充実をめざして」

「基本施策2 障がい福祉サービスの充実」

「障がい福祉サービスの充実」のところ

  • 「高次脳機能障害児(者)の日中活動の場の確保」といった項目を加えてください。

 

◆意見6

 

【計画(案)53ページ】

「基本目標2 地域生活の充実をめざして」

「基本施策5 健康づくりの推進」「健康づくり事業の充実」のところ

【計画(案)59ページ】

「(2)精神障がいにも対応した「地域包括ケアシステム」の構築 」のところ

  • 「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」と記されている部分のどれかを「精神障害(発達障害及び高次脳機能障害を含む。)にも対応した地域包括ケアシステム」にしてください。

 

◆意見7

 

【計画(案)54ページ】

「基本目標3 社会参加の促進をめざして」

「基本施策1 就労支援の促進」

  • 高次脳機能障害者への就労支援についても、具体策を計画に記してください。

 

◆意見8

 

【計画(案)60ページ】

「(3)地域生活支援拠点等の整備」のところ

  • 高次脳機能障害の方への支援も、地域生活支援拠点等の整備の一環で考えていくことを計画に記してください。

 

◆意見9

 

【計画(案)77ページ】

「⑥ 意思疎通支援事業」のところ

  • 意思疎通支援事業の対象に高次脳機能障害も含まれること、さらに入院中も意思疎通支援事業が利用できることを記してください

 

◆意見10

 

【計画(案)80ページ】

「⑪ 任意事業(その他の事業)」のところ

  • 高次脳機能障害の方、ご家族への徘徊時に活用できる施策を記してください。