志木市の障害者計画案に意見提出

本日、「第4期志木市障がい者計画・第5期障がい福祉計画(素案)」に対して、以下のような「地域で共に生きるナノ」の意見を志木市役所に提出しました。

 

◆意見1

 

【計画(素案)40ページ】

「(1) 障がいに対する理解の促進」のところでしょうか 

  • 高次脳機能障害についての理解の促進のための啓発について、具体策を計画のどこかに記してください。

 

◆意見2

 

【計画(素案)42ページ】

「(3) コミュニケーションの支援」のところ

  • コミュニケーションの支援(意思疎通支援事業)の対象に高次脳機能障害も含まれること、さらに入院中もコミュニケーションの支援(意思疎通支援事業)が受けられることを記してください。

 

◆意見3

 

【計画(素案)45ページ】

「(2) 相談支援体制の充実」のところ

  • 高次脳機能障害の支援拠点である埼玉県高次脳機能障害者支援センター(埼玉県総合リハビリテーションセンター)と連携(高次脳機能障害相談支援コーディネーターの活用、高次脳機能障害者地域相談支援(サポート)事業の活用)して、志木市における高次脳機能障害の方への相談支援体制を充実していくことを記してください。 

 

◆意見4

 

【計画(素案)45ページ】

「(2) 相談支援体制の充実」のところ?

  • 「④高齢者あんしん相談センターの支援」事業か、他の事業かで、介護保険サービスの利用が優先される40歳以上の脳卒中の後遺症による高次脳機能障害の方、若年性認知症の方が、障害福祉サービスにつながるよう、きめ細かな相談支援体制を強化していくことを記してください。

 

◆意見5

 

【計画(素案)47ページ】

「(3) 障がい年金受給手続の支援」のところ

  • 介護保険サービスの利用が優先される40歳以上の脳卒中の後遺症による高次脳機能障害の方、若年性認知症の方が、障害年金の受給対象となり得る方が受給漏れしないよう、きめ細かな相談支援体制を強化していくことを記してください。

 

◆意見6

 

【計画(素案)48ページ】

「(4) 精神障がい者支援の充実」のところ

  • 「精神保健家族教室」「ソーシャルクラブ」も高次脳機能障害の方やそのご家族が利用できるのか明らかにしていただいたうえで、高次脳機能障害の方に多機関が連携してリハビリテーションを実施していく施策(事業)を記してください。

 

◆意見7

 

【計画(素案)50ページ】

「第3節 就労支援の充実」のところ

  • 例えば在職中に高次脳機能障害となった方への就労支援で、「休職中の就労継続支援B型(非雇用型)の利用」が可能であることや、「休職中の就労移行支援サービスの利用」が可能であることを周知し、雇用の継続を図ることなど、高次脳機能障害の特性に応じた支援をしていくことを記してください。

 

◆意見8

 

【計画(素案)52ページ】

「第4節 健康・医療の充実」のところ

  • 高次脳機能障害や若年性認知症の方を早期に発見し、早期に器質性精神障害(認知症・高次脳機能障害)という診断につなげることを記してください。

 

◆意見9

 

【計画(素案)73ページ】

「(2) 精神障がいにも対応した地域包括ケアシステムの構築」のところ

  • 「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」と記されている部分を「精神障害(発達障害及び高次脳機能障害を含む。)にも対応した地域包括ケアシステム」にするなどして、この事業の対象に高次脳機能障害が含まれることを明示してください。

 

◆意見10

 

【計画(素案)74ページ】

「(3) 地域生活支援拠点等の整備」のところ

  • 高次脳機能障害の方への支援も、地域生活支援拠点等の整備の一環で考えていくことを計画に記してください。

 

◆意見11

 

【計画(素案)79ページ】

「②-1 自立訓練(機能訓練)」「②-2 自立訓練(生活訓練) 」のところ

  • 障害による対象者要件が撤廃される可能性が高いですので、対象障害を限定しない形に字句を変更してください。なお、その折に、可能でしたら高次脳機能障害の方への支援についても記していただけると嬉しく存じます。

 

◆意見12

 

【計画(素案)96ページ】

「2)任意事業の種類ごとの実施状況及び利用見込について」のところ

  • 高次脳機能障害の方が徘徊してしまった際、ご家族の方などが利用できる施策を記してください。

 

◆意見13

 

【計画(素案)59ページ】

「第6節 障がい児の育成・療育の充実」のところ

【計画(素案)75ページ】

「(5) 障がい児支援の提供体制の整備等」のところ

【計画(素案)86ページ】

「(3)児童発達支援」のところ

  • 小児の高次脳機能障害への具体的な支援策を記してください。