平成29年度 第2回高次脳機能障害者支援者研修(さいたま市)

1月9日に開催されたさいたま市平成29年度第10回行政会議の記録(発言要旨)として、2月8日に開かれる高次脳機能障害に関する支援者研修の情報が、以下のような形で公開されていました。

 

〔保健福祉局〕

○「平成29年度 第2回高次脳機能障害者支援者研修」の開催について

 第2回高次脳機能障害者支援者研修を2月8日木曜日に開催します。

 本研修は、障害者総合支援計画の一環として受講対象を保健福祉・医療・教育等を中心に、約200名を募集しています。

 高次脳機能障害は、事故や脳血管疾患等により起こり「見えにくく、分かりにくい障害」と言われています。就学や就労等の社会生活において、困難を抱えることとなり、医療・保健・福祉・教育・労働等多くの分野において支援が必要な障害です。

 今回は、同じ脳の機能障害で起こる認知症・発達障害の話も含め、医師にわかり易くお話し頂きます。又、当事者との対談も予定しています。