蕨市へ

本日(2月11日(日))、蕨市議会議員の方に時間を作っていただき、蕨市在住のご家族の方と共に高次脳機能障害支援施策について、蕨市での整備についてお願いをしてまいりました。

 

高次脳機能障害支援について、国がモデル事業やその後の支援普及事業を通じて支援の枠組みを整備し、その後、支援の主体である市町村が支援をしていくことになっていることを資料をもとに説明。

 

市町村が実施する地域生活支援事業への国庫補助金が統合補助金で、個別事業の所要額に基づく配分が行われてこなかったため、市町村の方が高次脳機能障害支援が市町村の事業でないと誤解したのではないか、といったことも話をさせていただきました。

 

3月の蕨市議会で、高次脳機能障害のことを取り上げていただけそうな雰囲気です。