全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料

3月7日、平成30年3月6日に開催された全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議の資料が厚生労働省のホームページに掲載されました。

 

「総務課認知症施策推進室」の認知症関連の施策についても、以下のような資料が公開されています。

 

  1. 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の改定について
  2. 認知症初期集中支援推進事業の推進について
  3. 認知症疾患医療センターの整備の推進について
  4. 診療報酬改定(認知症関連)について
  5. 認知症地域支援推進員の資質の向上について
  6. 若年性認知症施策の強化について
  7. 認知症高齢者等の成年後見制度等の権利擁護に関する施策について
  8. 高齢運転者の交通事故防止対策について
  9. 認知症高齢者等の医療・介護に携わる人材育成のための研修について
  10. 認知症サポーターの地域での活躍推進について
  11. 行方不明認知症高齢者等に対する見守りの取組について
  12. 認知症の人の視点に立った認知症施策の推進について
  13. 認知症施策に関する平成30年度予算案について

 

「13.認知症施策に関する平成30年度予算案について」のところでは、平成30年度の「認知症総合戦略推進事業」に「若年性認知症支援コーディネーターの政令指定都市の対象拡充」というメニューが追加されること、「若年性認知症支援コーディネーター支援の相談窓口の設置」箇所を47ヶ所から67ヶ所に増やすことが記されています。

 

また、認知症関連の「参考資料」として、以下のような資料も公開されています。

 

  1. 認知症疾患医療センターの整備状況について
  2. 認知症地域医療支援事業における研修実施状況調べ
  3. 認知症介護実践者等養成事業実施状況調べ1
  4. 認知症介護実践者等養成事業実施状況調べ2
  5. 若年性認知症支援コーディネーター設置事業実施都道府県一覧
  6. 各都道府県における「成年後見制度利用支援事業」実施状況(高齢者)
  7. 認知症サポーター等養成状況