鶴ヶ島市議会平成30年第1回定例会一般質問

鶴ヶ島市議会。

 

3月16日(金)10時40分からの一般質問で、山中基充議員が他の案件と共に「第7期介護保険事業計画等での高次脳機能障害への対応について」質問して下さいます。

 

公開されているこの件についての「質問の要旨」には、以下のようなことが記されています。

 

4 第7期介護保険事業計画等での高次脳機能障害への対応について

 

 平成28年12月議会において、高次脳機能障害について、特に医療と福祉の連携についてお伺いをしました。交通事故後の障がいとして認知されていることが多い同障害ですが、実は、脳血管障害に起因するものが全体の8割を超えて、身近な障害であること、訓練などによって就労などにつなげられる可能性が高いこと、介護保険で対応されるだけではその機会を失している可能性がある事などを申し上げ、担当部長からは、高齢者の担当と障害者の担当が連携し的確な対応に努めていくとの答弁をいただいております。

 

 鶴ヶ島市では、高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画、第3期障害者支援計画を策定されていますが、計画にどのように反映されていくかについてお伺い致します。

  1. 各計画での高次脳機能障害への対応について
  2. 高次脳機能障害の方やその家族が円滑に支援を受けられる体制づくりの現状について