連合会として要望書を提出

本日(3月30日)、埼玉高次脳機能障害連合会として、以下のような要望を埼玉県知事宛に出しました。

 

◆警察等関連

  • 高齢の認知症の方だけでなく、若年性認知症や若い高次脳機能障害の方でも徘徊して道に迷ってしまう可能性があることを、警察官の方を対象の研修で周知してください。
  • 高次脳機能障害の方の自動車運転再開を支援する体制を整備していくことについて、埼玉県の方針をお示しください。

◆保健所関連

  • 精神障害に対する正しい知識の普及啓発を図る役割を担っている保健所において、その業務のなかで市町村の会議などに職員を派遣する際、高次脳機能障害についての正しい知識の普及啓発を図っていってください。
  • 地域保健法および「地域保健法第四条第一項の規定に基づく地域保健対策の推進に関する基本的な指針」(最終改正:平成27年3月27日)の枠組みで、高次脳機能障害関係の家族会などをソーシャルキャピタルと位置づけ、保健所が高次脳機能障害関係の家族会などもソーシャルキャピタルとして育成・活用してください。(埼玉県立の保健所に対象を限定した要望です)

◆リハビリテーション関連

  • 障害者福祉推進課の新規事業「高次脳機能障害者支援機能の地域展開事業」で、高次脳機能障害者へのリハビリテーションサービスについて、どのように整備されていくのか、埼玉県の方針をお示しください。

◆介護保険関連

  • 平成30年3月12日まで意見募集が実施されていた「埼玉県高齢者支援計画(案)」では、39ページの「(3)若年性認知症の方への支援」のところで「若年性認知症や脳血管疾患の後遺症による高次脳機能障害に対する県民や事業所の理解の促進を図るとともに、本人や家族に対する相談体制を整備します。」と記されていました。若年性認知症施策推進事業では、脳血管疾患に伴って高次脳機能障害となった第2号被保険者も含めた事業を行っていってください。
  • 高齢の障害者への支援の流れで、高齢の高次脳機能障害者への支援が検討されていくと思われますが、高齢の高次脳機能障害者への支援について、認知症施策のなかで対応されていくのか、別の施策で対応されていくのか、埼玉県の方針を示してください。
  • 「埼玉県認知症高齢者等徘徊SOSネットワーク」の対象に、高次脳機能障害者も含まれているのであれば、その旨、ホームページなどで周知していってください。

◆小児の高次脳機能障害関連

  • 小児の高次脳機能障害について、埼玉県立小児医療センターを支援拠点に位置づけてください。

◆意思疎通支援事業関連

  • 失語症者向け意思疎通支援者の養成事業が新規に始まることなどを受け、埼玉県における高次脳機能障害及びその関連障害への意思疎通支援をどのように行っていくのか、方針を示してください。

◆障害者就労支援関連

  • 障害者福祉推進課の新規事業である高次脳機能障害者就労アシスト事業を、どのように展開していくのか、埼玉県の方針をお示しください。
  • 『治療と仕事の両立支援のための「埼玉県地域両立支援推進チーム」』などとも連携しながら、脳卒中の後遺症で高次脳機能障害となった方への就労支援体制を整備していってください。

◆精神保健福祉審議会関連

  • 埼玉県精神保健福祉審議会において、高次脳機能障害児・者への支援を議題として取り上げてください。

◆埼玉県自立支援協議会関連

  • 埼玉県自立支援協議会に設置した精神障害者地域移行部会においては、その対象を統合失調症に限ることなく、認知症や高次脳機能障害も対象に含めて議論を進めていってください。

◆精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築関連

  • 埼玉県において、精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築のなかで、高次脳機能障害について、どのように支援システムを構築していくのか、その方針を示してください。
  • 埼玉県内で高次脳機能障害について診断や治療ができる医療機関がごく限られている現状がございますが、精神障害にも対応した地域包括ケアシステムを構築していくなかで、地域で高次脳機能障害を診断できる体制の整備を考えていってください。

◆精神障害者地域支援体制構築会議等事業(障害者福祉推進課)関連

  • 精神障害者地域支援体制構築会議において、高次脳機能障害も対象に含めた地域支援体制の構築について考えていってください。
  • 地域人材育成等研修会では、精神障害者地域支援体制構築会議を通じて抽出した高次脳機能障害の方を巡る課題を解消することも含めた研修を開催していってください。
  • 保健所や県庁で実施する関係者連絡会では、高次脳機能障害のことも対象に含めて協議をしていってください。

◆精神障害者福祉型訪問支援強化モデル事業(障害者福祉推進課)関連

  • 精神障害者福祉型訪問支援強化モデル事業(アウトリーチ事業の試行と事業評価)の対象に、高次脳機能障害も含めていただきたい。

◆埼玉県高次脳機能障害支援体制整備推進委員会関連

  • 埼玉県高次脳機能障害支援体制整備推進委員会に作業部会を設け、作業部会において県内の好事例を収集するなど、現在より充実した委員会活動が展開できるようにしていただきたい。

◆埼玉県の「高次脳機能障害者支援」についてのホームページ関連

  • 「高次脳機能障害者支援」についてのホームページに、相談先として保健所の連絡先(電話など)を載せてください。
  • 「高次脳機能障害者支援」についてのホームページに、埼玉県内の高次脳機能障害支援の好事例や、高次脳機能障害者やそのご家族が活用できる社会資源などについての情報を載せていってください。