第4期三島市障害者計画

三島市のホームページで4月12日に公開された「第4期三島市障害者計画」。

 

以下のようなことが記されています。

 

(25ページ)

障がいのある人の高齢者や重度化、障がいの重複化が進む一方で、発達障がいや高次脳機能障がい、難病の患者など、障がいの範囲も拡大しています。

(57ページ)

障害者手帳所持者数は増加傾向にあり、高齢者や障がいの重度化、重複化が進んでいます。その一方で、発達障がいや高次脳機能障がい、難病の患者など、障がいの範囲も拡大しています。

 

「発達障がいや高次脳機能障がい、難病の患者など、障がいの範囲も拡大しています」という記述は、気になります。

 

発達障害は知的障害、精神障害として、高次脳機能障害は精神障害として、障害者自立支援法が施行されたときから、支援の対象になっていると思うのですが・・・