バリアフリー整備ガイドライン(旅客施設編・車両等編)

国土交通省のホームページに「バリアフリー整備ガイドライン[旅客施設編・車両等編](平成30年3月30日版)」が公開されていました!

 

この整備ガイドラインの対象者には「高次脳機能障害」の人もふくまれています。

 

特に情報コミュニケーションの制約が大きいと考えられる障害等への留意事項として、以下のようなことが記されています。

 

障害 留意事項
知的障害・発達障害・高次脳機能障害・精神障害  特に緊急時など通常と異なる情報、変化する情報、今後の見通し、代替手段等の利用について、理解しやすい情報提供のありかた、問い合わせへの対応など人的な面も配慮する