川越市役所へ

6月2日、朝霞市で開催した高次脳機能障害地域相談会に参加された川越市の方と一緒に、川口市役所障害者福祉課の窓口に。

 

高次脳機能障害の疑いがあると思うこと、脳外科の先生には「高次脳機能障害」の筈はないと言われていることなどをご本人が説明され、それに障害者福祉課の職員の方が対応しておられるのを、ご本人の斜め後ろに控えて拝見。

 

きちんと対応していただき、診断に必要な書類や、相談窓口などが記載された書類なども、ご本人の手に。

 

前回は、話が完結しないところで窓口対応が終わったようなので、一歩前進。

 

高次脳機能障害にきちんと向き合って下さる医療機関をご紹介したので、あとは適切な診断がなされるのが、次への第一歩!