平成30年度第1回印西市地域自立支援協議会会議録

8月6日、印西市のホームページに6月25日に開かれた「平成30年度第1回印西市地域自立支援協議会」の開催結果が公開されています。

 

会議録も公開され、高次脳機能障害について、以下のように記されていました。

 

⑤高次脳機能障害者家族支援ネットワークの構築について。相談事業の実践から高次脳機能障害の家族が地域で孤立していることが多い事がわかりました。印西市は、高次脳機能障害についての支援拠点機関である千葉リハビリテーションセンターや家族会に行くには遠方で支援につながらない方が多いように思います。地域で高次脳機能障害者とその家族が孤立しないためにもより身近な地域でご家族を支援する場、支援者の悩みを共有する場として千葉リハビリテーションセンターと協同して高次脳機能障害支援ネットワークの構築に努めます。これに関しましては年 2 回の実施を予定しているところでございます。

 高次脳機能障害家族支援ネットワークにつきましては、先ほど申し上げた通り、千葉リハビリテーションセンターとの協同ということで、今年度は地域の医療機関との交流を深めていただき、関係機関にもこの会の運営に携わっていただきながらと思っているところです。