ようこそ「地域で共に生きるナノ」のホームページへ


地域相談会

 平成28年度も、埼玉県の事業を受託して高次脳機能障害地域相談会を埼玉県東部地域を中心としてエリアで開催します。
 今年度14回目の高次脳機能障害地域相談会を、平成28年12月19日(月)午後1時半から3時半、さいたま市障害者更生相談センター (さいたま市大宮区大門町3-1 さいたま市大宮区役所4階)多目的室で開きます。 

 平成28年度は、さいたま市で6回(さいたま市と共催)、越谷市で3回、朝霞市で2回、新座市で2回、桶川市、羽生市、久喜市、春日部市、川口市で1回ずつ、計18回の高次脳機能障害地域相談会を開催します。

 

電話相談(県の委託事業)

 電話相談も引き続き実施しております。

 

高次脳機能障害研修会

 以下のような無料の研修会を、平成28年10月8日(土)午後1時半から彩の国すこやかプラザ研修室1・2・3で開きました。

 県の事業の一環です。

ダウンロード
高次脳機能障害・知ろうかい.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 91.2 KB

 

カフェ・ミルク(Cafe MILC)

 新たな活動の場。MILKではありません。MILCです。

 平成28年度18回目の「オレンジ・カフェ」を、平成28年12月21日(水)の午後1時からCafe MILCで開催します。

Cafe MILC (カフェ・ミルク)

http://cafemilc.exblog.jp/

ダウンロード
「平成27年度第2回支援コーディネーター全国会議・シンポジウム」発表資料
平成28年2月19日(金)午後、代表の谷口が「平成27年度 第2回支援コーディネーター全国会議・シンポジウム」の場で「当事者の家族の立場から」という題で話をさせていただきました。
当事者の家族の立場から.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 495.4 KB

 

ちーむナノ


要望・意見の提出

 埼玉県や県内の市町村の計画(案)への意見募集に、(埼玉県の高次脳機能障害に係る事業を受託して事業を実施している)利害関係者として「高次脳機能障害への支援」として意見を出してきました。

 私どもの意見概要と、埼玉県や市町村の見解を以下にまとめてあります。

要望・意見の提出

 

自主事業

1.高次脳機能障害交流・情報交換会(仮称)

 ナノさいたま(地域で共に生きるナノ)主催、さいたま市障害者更生相談センター協力で、今年度最後、第5回高次脳機能障害交流・情報交換会(仮称)を、平成27年3月20日(金)午前10時~正午、さいたま市大宮区役所4階さいたま市障害者更生相談センター多目的室で開催しました。

2.高次脳機能障害研修会

 今年度、1回目の研修会を平成26年7月6日(日)、杜の家やしおにて開催いたしました。

 主催者は、地域で共に生きるナノと八潮中央総合病院。

 2回目の研修会も平成27年1月12日(祝)に開催。MILCを会場に、渡邊修先生を囲み、アットホームな雰囲気の中、2つの事例について検討を行いました。


 埼玉高次脳機能障害連合会発起記念集会 (平成26年7月27日:終了)

 にっぽんリハビリ応援団

 「地域で共に生きるナノ」の活動が、NHK Eテレ「にっぽんリハビリ応援団」で放送されました。

(収録後の記念写真)

NHK Eテレ、ハートネットTV「にっぽんリハビリ応援団」

シリーズ「在宅リハビリの受け皿」 3 地域と連携するには

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2012-10/11.html



脳を守り

 脳損傷を防ぐ。

身を守り

 脳損傷をおったときに、適切な医療につながるように。

心を守る

 脳損傷をおっても、豊かな生活を送ることができるように。